• 2020年8月13日

ウエルベックと春樹を生きる人生の辛さ

ミシェル・ウエルベックの「セロトニン」を読んで、「結局そこか」となった。 そして春樹との共通点を感じ、共にすんなり共感できてしまう自分が如何 […]